株式会社ラアビケリのホームページをリニューアルいたしました。

V-LOGを始めるには?

V-LOGは、普段の生活を撮影して、YouTubeや自分のブログなどに投稿するだけなので、誰でも始めることができます。
それほど凝った編集も行わなくてもよいので、動画編集の経験がない方でも気軽にチャレンジしやすいという魅力もあります。

V-LOG撮影に必要なものについて

V-LOGを作るために必要となるのは、カメラなどの撮影機材です。
昔は、動画というとビデオカメラで撮影するのが一般的でしたが、今はスマートフォンで動画を撮る方も多いです。

最近のスマートフォンは、4Kなど高画質な動画にも対応している機種がありますので、わざわざビデオカメラを購入しなくても、V-LOGが作れてしまいます。
より高画質で、シネマチックな雰囲気のV-LOGを作っている方は、一眼レフカメラやミラーレスカメラなどを使用している方も多いです。
一眼レフカメラやミラーレスカメラは、レンズを交換することができるため、背景をぼかすなどして、雰囲気のある映像を撮ることができます。
ただ、一眼レフカメラやミラーレスカメラは、ビデオカメラと違ってピント合わせが難しい、大きくて重たいというデメリットもあるのです。
1型やAPS-Cなど大きなセンサーを搭載している高級コンパクトデジタルカメラも、高画質で美しい映像を撮影できるため、Vloggerたちの間では人気があります。
高級コンパクトデジタルカメラは、一眼レフカメラのようにレンズ交換ができませんが、その分だけコンパクトで扱いやすいのが魅力です。


より迫力ある動画を撮るために、アクションカメラやドローンなど使用しているVloggerもいます。
そのほか、カメラを固定するための三脚も動画撮影の際に必要です。
V-LOG視聴者の中には動画だけでなく、食事中や料理中の音などが好きという方もいますので、高音質で録音するために外部マイクもあったほうが良いでしょう。
カメラやスマートフォンの内臓マイクでも音は録音できますが、音質があまり良くない場合や音割れして聞き取りにくくなってしまうことがあります。
外部マイクやICレコーダーなどを使うことで、きれいに音声を録音することができ、動画により臨場感を持たせることができるようになります。
室内でV-LOG撮影を行う際には、ライトやレフ板などもあったほうが良いでしょう。
明るさが足りない状況だと、きれいに撮影できなくなってしまうからです。
ライトやレフ版を使うことで、お肌をきれいに見せることができる、食べ物がよりおいしく見えるようになるというメリットもあります。
また、撮影した動画を編集するための専用のソフトやパソコンなども必要です。
ただ、先にも述べたようにV-LOGの場合には、シンプルな編集のものが多いため、スマートフォン用の簡易的な動画編集アプリだけでも、おしゃれな動画を作ることは可能です。
プロ向けの高性能で高額な動画編集ソフトを一切使わずに、スマートフォンだけで動画を作っているVloggerもいます。
V-LOGをやってみたいと思った方は、とりあえず、お手持ちのスマートフォンで試してみてはいかがでしょう?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください