株式会社ラアビケリのホームページをリニューアルいたしました。

マーケティング戦略でも期待されるインフルエンサー

現代社会に影響を与えて牽引するインフルエンサー

インフルエンサーは影響や威力を意味するインフルエンスという英単語から来た造語で、影響力を持つ人といった意味合いで使われます。
古い時代なら政治的な扇動者であったり、革命家と言ったりするところかもしれません。
また、近年で見れば、女子高生のカリスマなどとして人気を集め、多くの女子高生や若い女性がヘアスタイルやメイク、ファッションなどを真似たミュージシャンやモデルなどが該当するでしょう。
ですが、今の時代で注目されているインフルエンサーは、その多くがネット上で旋風を巻き起こしている人物です。

素人でも大きな影響力を及ぼせる

革命家や扇動者は政治の世界にのし上がったり、演説が上手く、人々を率いていく統率力があったりしました。
また、カリスマモデルやカリスマミュージシャンは、プロとして活動する中でファッションや歌などが着目され、ファンを増やしていった人物たちです。
この点、インフルエンサーはそのほとんどが、全くの素人で、有名人ではありません。
ですが、ネットというツールが出てきたことで、1つの発言が世界へと瞬時に広まる中で、発言や行動、活動などが世界から注目され、いつの間にか多くの人に影響を与える存在になっているのです。

企業も注目するインフルエンサー

インフルエンサーの影響力はその人に興味を持ったり、共感していたりする層を筆頭に、世界レベルにも広がりが期待されます。
そのため、インフルエンサーをマーケティング戦略の1つとして活用したいという企業も増えてきました。
たとえば、インフルエンサーがブログやSNSなどで取り上げた商品やお店などは、瞬く間に話題を集め、売上アップや集客アップにつながっています。
そこで、自社の商品や新開発した製品などをインフルエンサーに紹介してもらえないかと交渉したり、自社の製品やお店などを取り上げてくれたりする機会を狙っているのです。
自社や商品ごとのターゲット層に人気の高いインフルエンサーを探しているという企業のマーケティング担当者も少なくありません。

逆読みで商品開発につなげる

インフルエンサーの発言や活動内容、取り上げているネタなどを見て、そこから次なるトレンドを発掘して、商品化や製品開発につなげる企業も出てきました。
また、気になるインフルエンサーに近づいて、タッグを組んでの商品やサービスの共同開発や、インフルエンサー監修と銘打った商品を販売して、影響を受けている人たちにアピールするケースも増えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください